So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

不消者(けされず)十四回公演「帝銀事件の頃」(笹塚) 兼崎健太郎 唐橋充 [公演情報]

【物語】
 終戦直後、1948(昭和23)年。
 進駐軍相手の性の慰みとなったパンパン(※)達を中心に、貧しく、物がない時代を必死に生きた人間たちの物語。
 ※パンパン=一般娼婦と違い、主に進駐軍を相手にしていた娼婦。
 ※相手が一人だけだとオンリーと呼ばれていた。

【作】 有本貴博
【演出】 和田小太郎
【出演】 兼崎健太郎 名塚佳織 桜田聖子 武内由紀子 尾崎亜衣 小園菜都 黒坂カズシ 逸見輝羊(北区つかこうへい劇団) 佐川和正(文学座) 田中智也 佐藤圭右 唐橋充 ほか
【会場】 笹塚ファクトリー
【日程】 2010年4月21日(水)~25日(日)
[日程詳細]
 21(水)  22(木) 23(金)  24(土)  25(日)
       13:00        13:00  13:00
 19:00  19:00  19:00   18:00  18:00
【料金】 全席指定 前売・当日:4,300円 
【発売日】 1月30日(土)10時
【公式HP】 http://www.tuffweb.jp/
----------
【コメント】
 今は無きシアターアプルにおける最後の演劇となった「火男の火」(藤沢大悟ほか)の不消男(けされず)の第14回公演です。
 観に行こうか、どうしようか悩んでいるところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。