So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

美童浪漫大活劇「八犬伝」(池袋) HILUMA、鶴見知大、永嶋柊吾 [公演情報]

【物語】
 時は室町時代。下総国結城で合戦が起きた。落城寸前の結城城から、里見義実主従が3騎脱出。義実らは安房の国に渡り、安房半国を治める。
 領主となった義実は、伏姫と義成の2子をもうけ平穏な日々を送っていた。ある日、役の行者が現れ、伏姫のお守りとして数珠を授ける。その数珠には8つの大珠がついており、それは「仁義礼智忠信孝悌」の文字が浮かび上がる霊力を持った珠であった。

 時は流れ、飢饉に陥った里見家を隣国当主、安西景連の大軍が攻め入り義実らは窮地に追い込まれる。
 その時、義実は、藁にもすがる思いで長年、里見家で飼っていた忠犬『八房』に「八房や…景連の首を獲って来たら、伏姫をお前にくれてやるぞ」と戯言を言ってしまう。それを真に受けた八房は、見事敵将景連の首を喰い千切り舞い戻って来た為、騒動は始ってしまった。
 約束を履行しろと言わんばかりに、義実の手厚い労いには目も向けず、伏姫を寄こせと家臣はおろか主君にさえ牙を剥く八房。「私は父上の約束通り、八房と夫婦となります」と伏姫は言い放ち八房に跨って富山の洞穴へと隠遁し、犬の気を受け身籠ってしまう。
 収まらないのが義実と、伏姫の許婚金碗大輔。愛する人を奪った憎き八房を撃つべく富山へと登り長筒の玉が八房に放たれ、皮肉にも死角にいた伏姫の体をも貫いてしまった。己の貞操を証明すべく伏姫は大輔の前で短剣にて腹を裂くと、そこから出た気が8つの球に乗り移り四方八方へと空高く飛散ってゆく……。
 これらはすべて、以前義実が斬首した妖女玉梓の呪いによって引き起されたものであった。

 やがて時は経ち、伏姫のその珠の力に導かれた8人の少年達が、玉梓怨霊を倒すべく次々と現れて来る。
 これは、里見城に集った美しき少年達が、己の数奇な運命に翻弄されながらも敢然と悪に立ち向かってゆく愛と冒険の物語である。

【原作・脚本・作詞】 天美幸 (滝沢馬琴「南総里見八犬伝」より)
【演出】 古河聰
【音楽】 大橋恵
【出演】
犬塚信乃……KENN
犬川荘助……辻本祐樹
犬飼現八……磯貝龍虎
犬山道節……HILUMA
犬田小文吾…岡田光
犬坂毛野……赤澤燈
犬江親兵衛…永嶋柊吾
赤岩一角……北代高士
赤岩牙二郎…永嶋柊吾(二役)
網乾左母二郎…鶴見知大
船虫…………六川裕史
髑髏丸………須加留
扇谷定正……天美幸
茶羅茶羅坊主
 山岡竜乃進…山岡竜弘
 紫雪之丞……染谷俊之
【会場】 池袋シアターグリーン BIG TREE TEATHER
【日程】 7月14日(水)~19日(月・祝) 全10回公演
[日程詳細]
7月
 14日(水)19:00
 15日(木)19:00
 16日(金)14:00 19:00
 17日(土)14:00 19:00
 18日(日)14:00 18:00
 19日(月)13:00 17:00
【料金】 前売5,500円 当日6,000円 (税込/全席指定)
【プロデュース】 天美幸
【公式HP】 http://stcone.com/index.htm
----------
【コメント】
 「学園ヘヴン」、「緋色の欠片」、「そして春風にささやいて」などを手掛けた天美幸さんのプロデュース、脚本なので、腐女子向けの駄作、見るだけ時間の無駄という作品になる可能性も高いのですが、「カリフォルニア物語」に出演していたHILUMAくんが珍しく舞台に出演するというので、観に行くことにしました。

 鶴見知大くんと永嶋柊吾くんも出演します。

 八犬士の最後の一人、犬村大角が登場しないということは、物語は、まだまだ続くということなのかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。