So-net無料ブログ作成
検索選択

タンバリンプロデューサーズ第7回公演「舞台 新耳袋」(池袋) 内藤大希 平田裕一郎 [公演情報]

【物語】
 舞台は、古びたアパート家賃の安さにひかれてか住人は、浪人生や上京したての女子大生など若者ばかり。謎の美少女、怪しげな管理人、不気味な不動産屋も加わって、次々と起こる怪異現象。
得体のしれない恐怖がジワリジワリとあなたの胸を締めつけます。

【原作】 木原浩勝・中山市朗(メディアファクトリー/角川文庫刊)
【作】 小金丸大和
【演出】 小林大祐
【出演】 杉本有美/内藤大希/平田裕一郎/前田希美/百々麻子/和方五郎/大谷秀一郎/吉岡奈都美/尾山ねこ/増岡浩幸(Wキャスト:4/6)/茶風林(Wキャスト:4/2,3,4,5)
【会場】 池袋・シアターグリーン/BIG TREE THEATER
【日程】 2010年4月2日(金)~6日(火)全7回公演
[日程詳細]
 2日(金) 19時
 3日(土) 13時、18時
 4日(日) 13時、18時
 5日(月) 19時
 6日(火) 19時
【料金】 前売り4,000円 当日4,500円(税込み、全席指定)
【公式HP】 http://tambourine.co.jp/sinmimi/
---------------
【コメント】
 元Pure Boysの崎本大海くんと同じ事務所に所属している小林大祐(小金丸大和)さんによる作・演出です。
 小林大祐さんは演出家兼役者のようですが、「小金丸大和」の名前で作家もしています。
 演劇制作体 V-NETを主宰し、第8回公演「回天~真二天一流~」(小林大祐作・演出)には崎本大海くんも出演していました。
 今回は、作・演出としての参加です。

 内藤大希くんと平田裕一郎くんが出演するというので、観に行くつもりです。
 3~5日の各公演の後に、以下の日程で出演者らによるトークショーがあります。

4/3(土)13時 終演後、木原浩勝×前田希美
4/3(土)18時 終演後、小金丸大和×内藤大希
4/4(日)13時 終演後、木原浩勝×杉本有美
4/4(日)18時 終演後、小林大祐×平田裕一郎
4/5(月)19時 終演後、内藤大希×平田裕一郎

 本当は、4/3(土)18時公演に行きたいのだが、この時間、玉野和紀さん脚本・構成・演出・振付の「CLUB SEVEN」があるのでした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「女優」(新宿文化センター) 大坂俊介、齋藤ヤスカ [公演情報]

【物語】
 大女優(岡田茉莉子)とその敏腕マネージャー(高嶺ふぶき)が偶然出会った場末のお好み焼き屋のアルバイト少女(西条美咲)を女優にし、スターダムに伸し上げようと奮闘するドラマ
 女同士の嫉妬、裏切り、ライバルを蹴落とすための策略、そして、女を狂わす俳優やフィクサーの存在など、輝かしく見える芸能界の裏側の、生き残りと女のプライドをかけた修羅場が繰り広げられる。
 誰にも明かすことのなかった女優の磨き方を惜しげもなく与える「大女優」と、誰にも気づかれることのなかった女優としての資質を露わにしてゆく「少女」、手段を選ばずに少女を売り込んでいく「マネージャー」の三人を軸に舞台が展開される。

【原作】 寺西一浩(「女優 ~あなたには、人生を変えるチャンスがあるわ~」講談社 3月29日刊行予定)
【脚本・演出】 山口茜
【出演】 岡田茉莉子、西条美咲、大坂俊介(元 ジャニーズJr.)、齋藤ヤスカ、宮内洋、高嶺ふぶき(元 宝塚)、正木慎也(元 忍者)、小山美枝(料理研究家)、若原瞳 ほか
【会場】 新宿文化センター(財団法人新宿文化・国際交流財団)
【日程】 5月1日(土)~9日(日) 全18回公演
【料金】 7,700円
【地方公演】
 5月13日(木)~14日(金) 全4回公演、京都府立文化芸術会館、
 5月27日(木)~28日(金) 全4回公演、愛知県芸術劇場
【制作】 株式会社ヒューマンピクチャーズ
---------------
【コメント】
 制作は、いしだ壱成さんと山崎邦正さんの夫婦?役がなかなか面白かった舞台「新宿ミッドナイトベイビー ~最後に笑うのは誰か?~」と同じ会社です。
 原作者も「新宿ミッドナイトベイビー」と同じ、寺西一浩さん。

 主役は、今年77歳(喜寿)となる往年の名女優、岡田茉莉子さんらしい。さすがに古過ぎて、岡田さんの主演映画は観たことがないけど・・・。

 ヒューマンピクチャーズに所属する西条美咲さんと大坂俊介くんに加えて、齋藤ヤスカくんの出演が決まっています。齋藤くんは、女を狂わす俳優の役か?

 「仮面ライダーV3」の風見志郎(初代仮面ライダーV3)を演じ、初代戦隊シリーズ「秘密戦隊ゴレンジャー」のアオレンジャーも務めた宮内洋さんも出演するらしい。
 今や若手俳優の登竜門と化した仮面ライダーと戦隊ヒーローの両方をレギュラーで務めた人は、他にいるのかな?
 宮内さんも、既に52歳、さすがに歳を取っています。
 30年後、加藤和樹くん(2代目仮面ライダーV3)や相葉弘樹くん(シンケンブルー)も、30年経つと、宮内さんみたいになるのかな?

 その他の出演者は、現在、オーディションで募集中です。ダンサーも募集していますので、歌あり、ダンスありとステージになるのでしょうか。
 オーディションと言っても、メインキャスト以外は歩合制で、チケットノルマがあるというのが恐ろしい。7700円のチケットを30枚売って、ギャラはチケット代の10%バックと言うことは、たったの23,100円ですか?
 役者が芝居だけで食っていくのは、大変なようです。

 なお、3月29日に製作発表記者会見が行われる予定です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ルドビコ「HAMLET-青い薔薇のくちづけ-」(原宿) 林修司 いしだ壱成 Takuya 鈴木拡樹 [公演情報]

【作・演出】 桜木さやか
【演出協力】 佐山泰三
【出演】 林修司 いしだ壱成 Takuya 鈴木拡樹 寿里 倉貫匡弘 木咲直人 加藤学 MARCO 今里真 康喜弼 愛萌 阿久澤菜々 ウチクリ内倉 森田龍 上杉美浩 須上佳名子 桜木さやか 日向薫
【会場】 HARAJUKU QUEST HALL(原宿)
【日程】 2010年4月20日(火)~4月26日(月) 全10回公演
[日程詳細]
 20日(火) 19時
 21日(水) 19時
 22日(木) 14時 19時
 23日(金) 19時
 24日(土) 13時 18時
 25日(日) 13時 18時
 26日(月) 14時
【料金】 全席指定 前売:5,500円 当日:5,800円
 ※4月22日14時のみ平日割り引き:前売4,800円
【発売日】 3月6日(土)
【公式HP】 http://www.ludvico.com/
---------------
【コメント】
 今回も豪華なキャストを取り揃えたルドビコ★の第6回公演です。

 前回はロミオとジュリエットに引き続き、今回はハムレットが下敷きになっているようですが、多分、似てもにつかないものになることでしょう。
 その前のアリスでも、そうですが、名作のイメージに頼らず、もう少しオリジナルな作品はできないものでしょうか。
 演出は佐山泰三さんに頼るとしても、脚本は、もう少し頑張ってもらわないと、ルドビコ★の意味がないでしょう。

 今回も、あまり内容には期待せず、映画撮影で火傷したという、いしだ壱成さんや、色々あって復帰したTakuyaくん、最近、色んなことに手を出している鈴木拡樹くんらを楽しめば、良いのではないかと思います。

 これでもLNMCの会員で、ルドビコ★作品は皆勤なのですけど・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「罠」(天王洲 銀河劇場) 加藤和樹 上山竜司 松田賢二 岡田浩暉 [公演情報]

【作】 ロベール・トマ
【演出】 深作健太
【出演】 加藤和樹 辺見えみり 上山竜司(RUN&GUN) 松田賢二 初風緑 岡田浩暉
【会場】 天王洲 銀河劇場
【日程】 2010年5月15日(土)~23日(日)
【料金】 ¥7,500-(全席指定・税込)
【発売日】 2010年2月27日(土)
------------------------------
【コメント】
 何度も舞台化されているロベール・トマの「罠」ですが、今度は、こういうメンバーです。

 歌える人たちが多いから、ミュージカル風になるのかも?

 映画監督の深作健太さんが舞台を演出するのは初めてか?

 会場が銀河劇場だし、上山竜司くんも出演するので、観に行こうかと思ってます。

 ちなみに、「罠」の公演は以下のとおり。

<東京公演> 2010年5月15日(土)~23日(日) 天王洲 銀河劇場
<新潟公演> 2010年5月25日(火) りゅーとぴあ・劇場
<名古屋公演> 2010年5月26日(水)~27日(木) アートピアホール
<大阪公演> 2010年5月29日(土)~30日(日) 兵庫県立芸術文化センター
<北海道公演> 5ステージ予定 場所未定

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「愛のかたまり-Valentin-」(MAKOTOシアター銀座) 富田翔 早田剛 粟島瑞丸 [公演情報]

【作・演出】 坪田塁
【出演】 富田翔 早田剛 粟島瑞丸 木村公一 斎藤真吾 大芝孝平 渡邉秀夫 横大路伸
【会場】 MAKOTOシアター銀座
【日程】 2010年2/8(月)-2/14(日) 全9回公演
【料金】 全席指定:4.000円
【発売日】 2010/1/9(土) (Lコード:33039)
【公式HP】 http://www.h4.dion.ne.jp/~tai-setu/
--------------------
【コメント】
 10月に上演された坪田累さんの「愛のかたまり」の続編です。3部作という話なので、来年夏辺り、もう一度、あるかも知れません。

 今回、前回と一部キャストが変わる?という話もありましたが、結局、前回の出演者6人に渡邉秀夫さんと横大路伸さんが加わって8人になるそうです。

 MAKOTOシアター銀座のような小さな劇場で出演者が増えると、狭いところに大勢の人が立つ感じになつて、話が分かりにくくなるような気もしますけど、どうでしょうか。

 ちなみに、前回の「愛のかたまり」は、ピンクの「うんこ」を材料に、言葉って何?、という感じで、広告による刷り込み、先入観をテーマにした、なかなか面白いお話でした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。