So-net無料ブログ作成

「インディゴの夜」(新潟県民会館) 高木万平 高木心平 真山明大 [公演情報]

【原作】 「インディゴの夜」シリーズ 加藤実秋著 東京創元社刊
【出演】
 店長・高原晶? … 貴城けい
 ホスト・犬マン … 天野浩成
 ホスト・モイチ … 高木万平
 ホスト・モサク … 高木心平
 ホスト・樹   … 真山明大 ほか
【会場】 新潟県民会館
【日程】 2010/05/29(土) 18:30~
【発売】 2010/02/20(土)10:00~ (Lコード:33824、Pコード:401-320)
【料金】 全席指定 ¥6,000
---------------
【コメント】
 テレビでは加藤和樹くんが演じているマネージャー・憂夜は、誰が演じるのだろうか。
 この時期、加藤和樹くんは舞台「罠」の地方公演もあるので、舞台「インディゴの夜」には出れない。

 もっとも舞台「罠」の新潟公演も5月25日(火)に予定されている。

 ちなみに、「罠」の公演は以下のとおり。

<東京公演> 2010年5月15日(土)~23日(日) 天王洲 銀河劇場
<新潟公演> 2010年5月25日(火) りゅーとぴあ・劇場
<名古屋公演> 2010年5月26日(水)~27日(木) アートピアホール
<大阪公演> 2010年5月29日(土)~30日(日) 兵庫県立芸術文化センター
<北海道公演> 5ステージ予定 場所未定

 ところで、エルドラドの空也(徳山秀典)は、登場するのかな?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

Z団第8回公演「リバースヒストリカ」(六行会ホール、新馬場) 中村誠治郎 中村英司 篠田光亮 [公演情報]

【脚本】 *pnish*
【脚色・演出】 キタムラトシヒロ
【出演】 中村誠治郎・丸山敦史・はねゆり・山岸拓生(拙者ムニエル)・真山奈緒・中村英司・やまだまいこ・滝田明仁・田口治・玉城裕規・篠田光亮 ほか
【会場】 六行会ホール(新馬場)
【日程】 5/8(土)~16(日)
【告知動画】 http://www.youtube.com/watch?v=vUTgf471bZs
---------------
【コメント】
 脚本は*pnish*ですが、初演を演じたのは*pnish*ではなかった「リバースヒストリカ」、今度はZ団で公演します。

 キタムラトシヒロさんがどんな派手な演出をするのか、どこまで脚色するのか、そして、それをZ団の面々がどう演じるのか、非常に興味深いところです。

 また、客演は篠田光亮くんです。

 ところで、この公演にはbambooの根本正勝くんや加藤良輔くんは出演しないのかな?
 多分、客席には来るとは思うが、もしも、出演すれば、JACK JACK解散以来、初の共演になるのだが・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

bizarre vol.1「覇権DO!!~戦国高校天下布武~」 田邉明宏 友常勇気 [公演情報]

【物語】
 近未来。日本の出生率低下はとまらず人口が激減。国家存亡の危機に直面していた。
 草食系と呼ばれる男子がまったく子作りに興味を持たない。
 国家プロジェクトチームが結成され、日本人男子がもっとも肉食系だったとされる時代を検証する。
 それは戦国時代だった。

 かくして草食系男子のもとにタイムトラベルした戦国武将を派遣することになる。
 プロジェクトメンバーはタイムマシンを使い、本能寺で明智光秀に襲撃される寸前の織田信長を捕獲する。
 信長が派遣されたのはビザール高校二年のいじめられっこ、サトシ。
 信長に覚醒されたサトシは、ヤンキーを従えビザール高校のてっぺんとなり、信長の「天下布武」の旗の元に高校統一の覇権道を歩むことになる。
 そして同じように伊達政宗らの武将もタイムマシンで連れてこられ、サトシと信長の前に立ちはだかる。

 果たしてこのプロジェクトの真の目的とは?
 戦国武将、ヤンキー、汗と涙。
 そしてくまなく繰り広げられるダンス!!
 イケメンユニットとして結成された、その名は「bizarre(ビザール)」初見参!!

【作・演出】 まつだ壱岱
【プロデュース】 網飛鳥
【出演】 藤宮潤(bizarre) 富田大樹(bizarre) 飯島英幸(bizarre) 松田陽平I(bizarre) 來河侑希(bizarre) 田邉明宏(bizarre) 堤隼人(bizarre) 友常勇気(bizarre) 服部翼(bizarre) 上原涼(bizarre) 浅田駿(bizarre) 白崎唯(bizarre) 長谷川太紀(bizarre) 貴哉(ASSH) 川村武(演舞Re夢)
【会場】 池袋GEKIBA
【日程】 2010年2月10日(水)~14日(日) 全9回公演
 [日程詳細]
  10日 19時
  11日 14時 19時
  12日 14時 19時
  13日 14時 19時
  14日 13時 17時
【料金】 日時指定・全席自由席 前売¥3,000 当日\3,500[税込]
【PC版予約フォーム】
http://confetti-web.com/ticket/ticket.asp?G=am00ro44&S=100210
【携帯版予約フォーム】
http://cnfti.com/met1878/
【関連HP】
 amiblo(プロデュースの網飛鳥[あみ あすか]さんのブログ)
http://ameblo.jp/amiaasuka/
 井の中の蛙が真っ青な空を飛ぶ(作・演出のまつだ壱岱[いちだい]さんのブログ)
http://ameblo.jp/assh-diary/
--------------
【コメント】
 2009年7月に森陽太くん主演で「刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ」(演出:加納健詞、脚本:まつだ壱岱)、2009年10月に平野良くん主演で「地図から消された島」(作・演出:鄭光誠)をプロデュースした網飛鳥さんのプロデュースによる作品です。

 今回はイケメン演劇ダンスユニットBIZARRE(ビザール)の初公演をプロデュースします。

 BIZARREには、「フルーツバスケット」や「飛行機雲2009 流れる雲よ~DJから特攻隊へ愛を込めて~」に出演していた田邊明宏くん、同じく「飛行機雲2009 流れる雲よ」に出演した後、「ぞめきの消えた夏~グアム玉砕戦乱舞闘~」にも出演している友常勇気くんが参加しています。

 また、田邊くんは2009年11月に「白キ肌ノケモノ」(作・演出:まつだ壱岱)にも出演しています。

 どんな作品になるのか、よく分かりませんが、とりあえず、観に行きます。

 ちなみに、3月には平野良くん主演で、amipro(網飛鳥)プロデュースによる「轟然-GO-ZEN-」(作・演出 まつだ壱岱)も上演されます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ACTOR'S TRASH ASSH vol.12「轟然-GO-ZEN-」平野良 [公演情報]

【物語】
 轟然とは……大きな音がとどろき響く様を言う。

 その昔は龍が怒り鳴き叫んだ音だと思われていた。
 日本各地に残る九頭竜伝承をもとに、「九頭竜の祠」から湧き出る湧き水を巡る過去、現在、未来の三時代の物語。
 過去は湧き水を支配した美女丸と、生け贄にされた真名姫の悲恋の行方。
 現代は「九頭竜の祠」の湧き水が、ダムの底に沈もうとしているのを守るものの物語。
 そして未来。水は汚染され、九頭竜の湧き水しかもう飲めなくなっている。
 一体何が起こったのか?
 そして、「轟然」たる音の正体は?
 リアルな舞台美術で「九頭竜の祠」がシアターグリーンに出現。
 ASSHが得意とする一つの場所(ワンプレイス)、三つの時代(スリーエイジ)がリンクしパズルが解けて行くように迫る壮大なネオフィクション。
 生命の源である「水」のこと。
 時代を越えて「水」を求めるひとびとのものがたり。
 明日、「水」がなくなったらどうしますか?

【作・演出】 まつだ壱岱(ACTOR'S TRASH ASSH)
【出演】 平野良 ほか
【会場】 池袋シアターグリーン BIG TREE THEATER
【日程】 2010年3月25日(木)~30日(火)
【公式HP】 ACTOR'S TRASH ASSH (アクターズトラッシュアッシュ)
http://ichidai.cool.ne.jp/
http://ameblo.jp/ichigei-gp/
---------------
【コメント】
 平野良くん主演によるACTOR'S TRASH ASSH(主宰:まつだ壱岱)第12回本公演です。

 詳細は不明ですが、時代劇になるらしい。
タグ:平野良
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

HYBRID PROJECT「独りの国のアリス」(新宿) 瀬名純 橋爪拓 佐藤修幸 [公演情報]

【作】 高泉淳子
【演出】 佐藤信也
【出演】 澤口陽子 真凛 藤沢瀬里菜 植松愛 久保梓 瀬名純 橋爪拓 廣部紗也子 鈴木大樹 中西紘一郎 加賀谷裕平 松本栄美 村田明子 佐藤修幸 今若孝浩
【会場】 新宿シアターブラッツ
【日程】 2010年2月26日(金)~28日(日) 全6回公演
[日程詳細]
 26(金) 27(土)  28(日)
 14:00  13:00  13:00
 19:00  18:00  18:00
【料金】 日時指定・全席自由 前売・当日 3,000円
【公式HP】 http://www.tuffweb.jp/
---------------
【コメント】
 瀬名純くん、橋爪拓くんらインゴットの俳優に加えて、DMFの佐藤修幸さんも出演するので、観に行きたいところなのですが、この時期、日程的に難しいかも・・・。

 作者の高泉淳子さんは劇作家でもあるけど、役者でもあり、歌手でもあるという多才な方です。
 昨年5月には、湯澤幸一郎さん、藤原祐規くんらが出演した「Second Lesson ~カエルの王子が導く超個人的恋愛作法~」(青山円形劇場)の劇作・脚本・演出も手掛けていました。

 作品自体は、1995年に白井晃さん演出で上演された古いものですが、佐藤信也さんの演出で、どんな感じになるのでしょうか。
 主役は、35歳、独身女性ということらしいのですが・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

不消者(けされず)十四回公演「帝銀事件の頃」(笹塚) 兼崎健太郎 唐橋充 [公演情報]

【物語】
 終戦直後、1948(昭和23)年。
 進駐軍相手の性の慰みとなったパンパン(※)達を中心に、貧しく、物がない時代を必死に生きた人間たちの物語。
 ※パンパン=一般娼婦と違い、主に進駐軍を相手にしていた娼婦。
 ※相手が一人だけだとオンリーと呼ばれていた。

【作】 有本貴博
【演出】 和田小太郎
【出演】 兼崎健太郎 名塚佳織 桜田聖子 武内由紀子 尾崎亜衣 小園菜都 黒坂カズシ 逸見輝羊(北区つかこうへい劇団) 佐川和正(文学座) 田中智也 佐藤圭右 唐橋充 ほか
【会場】 笹塚ファクトリー
【日程】 2010年4月21日(水)~25日(日)
[日程詳細]
 21(水)  22(木) 23(金)  24(土)  25(日)
       13:00        13:00  13:00
 19:00  19:00  19:00   18:00  18:00
【料金】 全席指定 前売・当日:4,300円 
【発売日】 1月30日(土)10時
【公式HP】 http://www.tuffweb.jp/
----------
【コメント】
 今は無きシアターアプルにおける最後の演劇となった「火男の火」(藤沢大悟ほか)の不消男(けされず)の第14回公演です。
 観に行こうか、どうしようか悩んでいるところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

美童浪漫大活劇「八犬伝」(池袋) HILUMA、鶴見知大、永嶋柊吾 [公演情報]

【物語】
 時は室町時代。下総国結城で合戦が起きた。落城寸前の結城城から、里見義実主従が3騎脱出。義実らは安房の国に渡り、安房半国を治める。
 領主となった義実は、伏姫と義成の2子をもうけ平穏な日々を送っていた。ある日、役の行者が現れ、伏姫のお守りとして数珠を授ける。その数珠には8つの大珠がついており、それは「仁義礼智忠信孝悌」の文字が浮かび上がる霊力を持った珠であった。

 時は流れ、飢饉に陥った里見家を隣国当主、安西景連の大軍が攻め入り義実らは窮地に追い込まれる。
 その時、義実は、藁にもすがる思いで長年、里見家で飼っていた忠犬『八房』に「八房や…景連の首を獲って来たら、伏姫をお前にくれてやるぞ」と戯言を言ってしまう。それを真に受けた八房は、見事敵将景連の首を喰い千切り舞い戻って来た為、騒動は始ってしまった。
 約束を履行しろと言わんばかりに、義実の手厚い労いには目も向けず、伏姫を寄こせと家臣はおろか主君にさえ牙を剥く八房。「私は父上の約束通り、八房と夫婦となります」と伏姫は言い放ち八房に跨って富山の洞穴へと隠遁し、犬の気を受け身籠ってしまう。
 収まらないのが義実と、伏姫の許婚金碗大輔。愛する人を奪った憎き八房を撃つべく富山へと登り長筒の玉が八房に放たれ、皮肉にも死角にいた伏姫の体をも貫いてしまった。己の貞操を証明すべく伏姫は大輔の前で短剣にて腹を裂くと、そこから出た気が8つの球に乗り移り四方八方へと空高く飛散ってゆく……。
 これらはすべて、以前義実が斬首した妖女玉梓の呪いによって引き起されたものであった。

 やがて時は経ち、伏姫のその珠の力に導かれた8人の少年達が、玉梓怨霊を倒すべく次々と現れて来る。
 これは、里見城に集った美しき少年達が、己の数奇な運命に翻弄されながらも敢然と悪に立ち向かってゆく愛と冒険の物語である。

【原作・脚本・作詞】 天美幸 (滝沢馬琴「南総里見八犬伝」より)
【演出】 古河聰
【音楽】 大橋恵
【出演】
犬塚信乃……KENN
犬川荘助……辻本祐樹
犬飼現八……磯貝龍虎
犬山道節……HILUMA
犬田小文吾…岡田光
犬坂毛野……赤澤燈
犬江親兵衛…永嶋柊吾
赤岩一角……北代高士
赤岩牙二郎…永嶋柊吾(二役)
網乾左母二郎…鶴見知大
船虫…………六川裕史
髑髏丸………須加留
扇谷定正……天美幸
茶羅茶羅坊主
 山岡竜乃進…山岡竜弘
 紫雪之丞……染谷俊之
【会場】 池袋シアターグリーン BIG TREE TEATHER
【日程】 7月14日(水)~19日(月・祝) 全10回公演
[日程詳細]
7月
 14日(水)19:00
 15日(木)19:00
 16日(金)14:00 19:00
 17日(土)14:00 19:00
 18日(日)14:00 18:00
 19日(月)13:00 17:00
【料金】 前売5,500円 当日6,000円 (税込/全席指定)
【プロデュース】 天美幸
【公式HP】 http://stcone.com/index.htm
----------
【コメント】
 「学園ヘヴン」、「緋色の欠片」、「そして春風にささやいて」などを手掛けた天美幸さんのプロデュース、脚本なので、腐女子向けの駄作、見るだけ時間の無駄という作品になる可能性も高いのですが、「カリフォルニア物語」に出演していたHILUMAくんが珍しく舞台に出演するというので、観に行くことにしました。

 鶴見知大くんと永嶋柊吾くんも出演します。

 八犬士の最後の一人、犬村大角が登場しないということは、物語は、まだまだ続くということなのかな?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「コントンクラブ image2.」(新宿) 福山聖二 仲原裕之 中村龍介 郷本直也 ハレルヤシスターズ [公演情報]

【脚本】 堤泰之(プラチナ・ペーパーズ)、水谷あつし、毛利亘宏(少年社中)、本田誠人(ペテカン)、一雫ライオン(東京深夜舞台)
【原案】 松野一茂
【演出】 入山学
【音楽】 楠瀬拓哉
【振付】 森新吾(D☆D)
【出演】 福山聖二 仲原裕之(Studio Life) 石川雅宗 中村龍介 黒木マリナ 長谷川桃 小林由佳(G-Rockets) 木野村温子 しほの涼 郷本直也 奈良﨑まどか 柏進 入山学 ハレルヤシスターズ 森新吾(D☆D)
【会場】 シアターサンモール
【日程】 2010年4月7日(水)~11日(日) 全8回公演
[日程詳細]
 7日(水)19:00
 8日(木)19:00
 9日(金)14:00、19:00
10日(土)13:00、18:00
11日(日)13:00、18:00
【料金】 5,500円(税込・全席指定)
【発売日】 2010年2月24日(水)
【企画・製作】 ケイダッシュステージ
【公式ブログ】 http://ameblo.jp/contonk/
----------
【コメント】
 前作は、今一、コントの切れが悪く、真面目なオムニバスになってしまったのですが、今回はどうでしょうか。
 福山聖二くんや仲原裕之くんが出演するというので、観に行くつもりではありますが、あまり期待せずにおります。
 ハレルヤシスターズは、色物ではありますが、ちゃんと歌える人たちで、一度、間近に観ることをお勧めします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「スペース・ウォーズ」(新宿) タイソン大屋 清水順二 平間壮一 天野博一 桜塚やっくん [公演情報]

【解説】
 30-DELUX史上初となるオムニバス作品は、贅沢に5名の作家陣がストーリーを紡ぎ、演出の小野真一氏が一つの作品に仕上げるという、今までにないスタイルの公演になる事間違いナシです!

【構成・演出】 小野真一
【脚本】 秋谷深月/大塚竜也/鹿目由紀/ますもとたくや/松本哲也
【出演】 タイソン大屋 清水順二 Q-TARO EBATO U-SAKU OH-SE 折井あゆみ JuNGLE 平間壮一 磯貝龍虎 森大 天野博一
 桜塚やっくん(5月19日、20日、及び大阪公演、名古屋公演出演)
 芋洗坂係長(5月21日、21日、22日、及び福岡公演出演)
【会場】 新宿シアターサンモール
【日程】 2010年5月19日(水)~23日(日)
【企画】 30-DELUX+電撃チョモランマ隊
【大阪公演】 2010年5月28日(金)~30日(日) ABCホール
【名古屋公演】 2010年6月 4日(金)~6日(日) テレピアホール
【福岡公演】 2010年6月12日(土)~13日(日) 西鉄ホール
【公式HP】 http://www.30-delux.net/
----------
【コメント】
 30-DELUXの次回公演は、電撃チョモランマ隊とのコラボレーションです。
 5名の作家によるオムニバス形式と言うことですが、桜塚やっくんが出演します。演劇としては、初舞台でしょうか?
 ダンスの平間壮一くんと、殺陣の天野博一くんも出演します。

 ところで、電撃チョモランマ隊というのをよく知らないのですが、ダンスチームという訳でもなく、バンドという訳でもなく、演劇ユニットという訳でもなく、何でもありのエンターテイメント集団という感じのようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「落下の王国 The fall kingdom」(池袋) 福山聖二 田中伸彦 MORITA [公演情報]

【物語】
 そこは棘と茨に囲まれた錆びたお城でした
 男が目を覚ました時、そこは見知らぬ土地だった。男は自分が何者かわからない。住人がやってきて「世界は滅んだ」と告げる。あたりをよく見ると、その場所は海に囲まれて地平線が遠くに見える地上から切り離された廃墟の城だった。その城には、若い王がいて下僕を抱え国を統治していた。唯一、医者であったと言う記憶だけがある男は使徒として迎え入れられ、王達と生活を共にするようになる。ある日、男が誰も使われていない地下の図書室を見つけ、探索していると幽閉されている青年を見つける。
 青年は王の兄で、現王である弟に王位を乗っ取られてしまったと男に告げる。そして城の下の海には弟により殺された一族の死体があると言う。青年は「世界は滅んでいない」と男に語り、王を殺せたら男をこの城から逃がしてやると約束するが…………。

【作・演出】 Be Withプロデュース
【出演】 林野健志/福山聖二/田中伸彦/MORITA/ヨウスケクロフォード
【会場】 シアターグリーン BASE THEATER
【日程】 2010年3月25日(木)~28日(日) 全7回公演
[日程詳細]
 25日(木):19:00☆
 26日(金):14:00★/18:30☆
 27日(土):14:00★/18:30☆
 28日(日):12:30★/16:30☆
  ※☆白の棘Ver/★黒の茨Ver
【料金】 harge:全席指定・前売¥4,800(税込)/当日¥5,300(税込)
【発売日】 2月7日(日)10:00~
 ◎限定S席:最前列桟敷~ハーフチェアの限定席
 ◎一般席:イス席
【公式HP】 http://www.bewith-gogo.com/
---------------
【コメント】
 UNDERGROUND SERIESは、少数気鋭で濃密な世界観を描くアナザーフェイス・ステージだそうです。
 主に、キャストの深層心理をベースに上演ということで、2009年10月の「HARD TO HOLD」と同じような舞台になるのでしょうか。

 しかし、この日程は厳しい。すぐ隣のシアターグリーンでは、平野良くんらの「轟然~GO-ZEN~」(作・演出 まつだ壱岱)を上演している。
 渋谷で平岡祐太くんが初の舞台「相対的浮世絵」(作 土田英生、演出 G2)もあるし、さいたまでは、上川隆也さんの「ヘンリー六世」(演出 蜷川幸雄)もあるし・・・。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。