So-net無料ブログ作成
検索選択

伊藤欣司くんのその後 [独り言]

 Pool Bit Boysの解散後、タイに渡って音楽活動をしていた伊藤欣司くんですが、現在はニューヨークにいるようです。

 また、もともとは熱烈なファンが作成していたサイト、KINJIチャンネル http://itokinji.net/index1.html の中にブログを作ってもらい、自ら近況を投稿しています。

KINJI's Blog
☆伊藤欣司本人による気まぐれブログ☆
http://blog.kinjiokoku.main.jp/

 ニューヨークでの生活振りは多少垣間見えますが、どんな音楽活動をしているのか・・・。
 いずれにしても、お元気そうで、何よりです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

篠谷聖くんが芸能界を引退? [独り言]

 篠谷聖くんが所属事務所(チャレンジャーズ・プロダクション)から解雇されてしまったようです。

 初舞台の「飛行機雲」以来、彼の舞台を見続けていたファンの一人としては寂しい限りです。まだ19歳で、これから、どんどん成長して、活躍できると思っていただけに残念なことです。

 ジャニーズ出身でもなく、最近、流行のジュノンボーイでもなく、初詣でスカウトされて芸能デビューしたという、最近では割と珍しいパターンでしたが、色々と事情があるのでしょう。
 いつか復活することを期待しましょう。

 それはそうと、篠谷聖くんが抜けた後のチャレンジャーズFCですが、応援するとすれば、池田竜治くん、張乙紘くん、川久保雄基くん、市村広平くん辺りでしょうか。
 ちょっと年を取っていますが、将来性を買って、「ぞめきの消えた夏」で初舞台を踏んだ市村広平くん(23歳)を応援しようかと思っていますが、さて、どうでしょうか。

タグ:篠谷聖
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

大河元気くんとガンダム [独り言]

 草月ホールで、ルドビコ★Vol.3 「義経-YOSHITSUNE-紫鬼王編」を観てきました。
 本編の感想その他は、機会があれば、いずれ書くとして、本編とは全く関係なく面白かったのは、牛若丸(大河元気)と恋仲?になって、一緒に暮らすようになった静(松永裕子)が、「牛若がガンダムだのジャブローだの訳の分からないことを言って、ちっとも話が合わない」と遙(小林美幸)に嘆くシーン。

 その時、静が手に持って振り回していたモビルスーツは・・・アッガイでありました。

1/100 MG アッガイ

1/100 MG アッガイ

  • 出版社/メーカー: バンダイ
  • メディア: おもちゃ&ホビー


 初代ガンダムシリーズ(TV版)では、第30話(1979年10月)のジャブロー攻略戦に一度だけ登場し、すぐにガンダムに撃破されてしまうと言うマイナーなモビルスーツです。
 昔はガンダムファンの間でも「アッガイ好きと言ったら、変人扱いされる」とまで言われた代物です。
 最近でこそ、体育座り
acguy_2.jpg
が人気で、萌えMSなどと言われているようですけど・・・。

 1987年生まれの大河くん、ガンダム好きの変わり者とは聞いていましたが・・・、アッガイが好きとなると、筋金入りでしょうか。
 大河くんがガンダムマニアだと言うことに、個人的には親近感を感じますけど、ゴッグは、ズゴックは、ゾックは、アッガイは、あーだ、こーだというような話をしたら・・・普通の女の子は多分、引くんだろうなぁ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

このブログを観ている人 [独り言]

 このブログには、毎日1500回ぐらいのアクセスがある。1人が何回かアクセスしているようだが、それでも1日当たり約500人がアクセスしているらしい。ちょっとした劇場が一杯になるぐらいの人数である。有り難いことである。

 また、これだけ足繁く劇場に通っていると、時々見知らぬお客さんから、「いつもブログを見てます」などと声を掛けられたりする。
 別に、このブログで有名になるつもりはないが、やはり声を掛けられると、嬉しかったりする。役者さんも、きっと同じようなものだろう。ストーカー紛いに追いかけ回されたら、迷惑だろうが、全然気が付いてもらえないというのも・・・寂しいのでは無かろうか。

 そんなこんなで、先日、とある役者さんから、「ブログを書いていらっしゃいますよね。写真が載ってるので分かりました。」と声を掛けられてしまった。その役者さんは割と好きなので、出演する舞台は大抵、観に行っているのだが、必ずしも褒めてばかりはいなかったような気がするので、ちと冷や汗ものであった。

 考えてみると、芝居の感想を書いているブログは数多くあるが、書き手の顔が分かるブログは希有である。今時、スーパーで売っている野菜にも「私が作りました」と生産した農家の方の顔写真が載っている時代であるが、ネット社会では相変わらず覆面ライターが大半である。
 某国のようにネットに記事を書く者は、住所、氏名、生年月日を明らかにせよ、などという言うつもりはないが、顔ぐらい見せても良いのでは無かろうか。

 昔ながらの文字だけの文通というのも、奥ゆかしくて、良いものではあるのだが・・・。



nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

相葉弘樹くんの八重歯 [独り言]

 一般人でさえエステ脱毛プチ整形などをするご時世ですから、芸能人になると色々と整形・矯正するのは当たり前なのでしょうが、相葉弘樹くんも八重歯の矯正?をしたようです。

 2008年のカレンダーや昨年の「PIPPIN」の時には八重歯がありましたから、今年の春ぐらいに抜歯して、インプラントでも入れたのでしょう。
 以前の雑誌などを見ると、表紙の写真は口を閉じていることが多かったのてすが、今は口を開いているようです。普段は八重歯を隠して口を閉じ、クールな雰囲気を醸し出しつつ、笑うと八重歯が見えるというのも、ギャップがあって、なかなか可愛いと思うのですけど・・・。いつも笑顔では、観る方も飽きてくるのでは?
 いずれにしても、相葉弘樹くんの八重歯の写真は、将来、希少価値が出るかな???

続きを読む


タグ:相葉弘樹
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

役者さん達も凄いなぁ・・・ [独り言]

 夏休み以来、観劇の感想を書くペースが鈍っています。本業(生計のためにやっている仕事)と副業(地域貢献のボランティア活動)が忙しいので、余技(このブログ)にまで手か廻っていないのですが、そんな中で、観劇のペースだけは何とか落とさずにやってます。
 しかし、感想まで書いている心の余裕が無い。時間は無いことは無いのだけど・・・。

 とはいえ、役者の方は、次から次へと舞台に出演なさって、凄いものです。その合間に、ドラマやら映画やら、イベントやらと大忙しです。

 何が言いたいかというと、「ルドンの黙示」の感想を書きそびれているうちに、「ココロノカケラ」が始まってしまったということであり、「セブン・ダミーズ・ブルース」、「キズモモ」の感想を書かないうちに、「ココロノカケラ」が始まってしまったということであります。

 18日は「ココロノカケラ」の休演日ですが、相葉弘樹くんは映画「僕らの方程式」の公開直前イベント、篠田光亮くんは「bambino+」へのゲスト出演と、休み暇もないようです。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ブログ通信簿 [独り言]

 一部のブロガーの間で、ブログ通信簿 http://blogreport.labs.goo.ne.jp/tushinbo.rb なるものが流行っているそうなので、試してみた。
tushinbo_img.rb.png
 結果は、プロデューサーになれ、ということであった。
 確かに、演劇関係で、やるとすれば、プロデューサーであろう。気に入った脚本家に本を書かせ、お気に入りの役者を揃え、金を集めて、池袋の小劇場辺りで公演するというのは、実に面白そうである。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

有名人?のブログ [独り言]

 まだ駆け出しで新人の俳優さんがブログを始めると、最初の頃、一つの記事に付くコメントは一桁というようなことも、ままある。
 そうした時期は、役者本人も暇なので、結構、まめにコメント欄に本人が返事をしたりしている。
 その内、人気が出てくると、ファンからのコメントも増え、仕事も増えて忙しくなり、記事を書くのとコメントを読むのが精一杯となって、なかなか返事ができなくなる。
 さらにコメントが増えて、1000を越えたりすると、ファン同士の中傷のようなコメントも付いたりして、コメント機能そのものが無くなってしまう。
 まぁ、ここまで行けば、一人前と言うことなのだろう。
 ちょっと寂しい気もするが・・・。

 ところで、昨日辺りから「川野直輝」の検索が多くなっている。「シバトラ」のお陰かな?
 一時は、このまま芸能界から消えてしまうのかと思ったけど、しっかり復活しましたね。良いことです。
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

郭智博くんと二宮和也くん [独り言]

 二宮和也くんの携帯ブログ、ゲームニッキで、郭さんの名前が出ると、とたんに検索エンジンのキーワードで引っかかって、郭智博くん関連の記事へのアクセスが多くなる。
 先日、二宮くん同様に郭さんもマジックにはまってると、二宮くんが書いたので、「郭さん」って誰?、と、また、アクセスが増えた。

 二宮くんのブログ日記には、色々と芸能人が登場する。ジャニーズ以外の役者が実名で沢山登場するのは、ジャニーズ・タレントとしては珍しい。
 そんな中で、なぜか、郭さんの登場頻度は、かなり高い。
 まぁ、他の人に比べて、郭くんが割と暇で、しばしば二宮くんと会えると言うことなのかも知れないが・・・。

 と書いていたら、また、郭さんが登場した。
 今度はUFOを目撃したらしい・・・。本当に連れて行かれなくて良かった。
 ちなみに、郭くんは二宮くんを「兄さん」、二宮くんは郭くんを「郭さん」と読んでいるらしい。年齢は二宮くんの方が確かに一つ年上のお兄さんではあるが・・・。

 ちなみに、郭智博くんて、誰という方はDVD「ピクニックの準備」でも買ってご覧下さいませ。「ゴーオンジャー」のゴーオンブラック、海老澤健次くんも出演してます。


ピクニックの準備

ピクニックの準備

  • 出版社/メーカー: ハピネット
  • メディア: DVD


 DVD「雨の翼」でも構いません。こちらは、KUMAMIくんがテーマ曲を歌ってます。

雨の翼

雨の翼

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

「誰ソ彼」 Tシャツ [独り言]

 ジェットラグ・プロデュース公演「誰ソ彼」の観客プレゼントでもらったTシャツです。

Tshirts.jpg

 これで森陽太くんのサインは、4つ目か? なぜか、妙に縁があるなぁ・・・。

 ところで、タイトルの「誰ソ彼」は、「たそがれ」と読み、意味は「黄昏」と同じ。日没間際、夕暮れ時の薄暗い時間帯、転じて、人生の最後の時期、などの意味。
 「誰ソ彼」とは、「たれそ、かれ」または「かは、たれそ」(漢語調)と読み、現代語に訳すと、「彼は誰ですか?」という意味。
 夕暮れ時、遠くの物や人が闇に紛れて見にくくなり、ちょっと離れたところにいる人(古典の彼は男女を問わず、ちょっと離れたところにいる人の意)の顔がよく見えないので、隣の人に、彼は誰、と聞かないと分らないというエピソードから、そういう時間帯を表わす言葉として、用いられるようになったと言われるが、真偽の程は不明。
 単なる当て字の言い訳かも知れないが、話としては、なかなか面白い。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。