So-net無料ブログ作成
検索選択

「桜 SAKURA サクラ」(前進座劇場、吉祥寺) 兼崎健太郎 齋藤ヤスカ 渡辺大輔 林野健志 手打隆盛 [演劇]

【解説】
 それぞれ映画監督が主宰する3つの劇団、劇団CORNFLAKES、劇団DOGADOGA+、劇団野良犬弾による「桜」をテーマにしたオムニバス公演です。舞台中央に樹齢数百年の満開の桜の木を配して、物語が展開します。
 第一幕は、和風の時代劇ということで、漢字の『桜』、第二幕は、洋風のメルヘンということで、アルファベットの『SAKURA』、第三幕は、現代の青春劇、主人公は漢字が書けないので、カタカナの『サクラ』となります。

【演出】 第一幕「鬼桜」 堀江慶(劇団CORNFLAKES)、第二幕「偽作・桜姫吉祥草紙」 望月六郎(劇団DOGADOGA+)、第三幕「SAKURA MEMORY TIPS」 入江悠(劇団野良犬弾)
【出演】 齋藤ヤスカ 林野健志 綿引大介 兼崎健太郎 高原知秀 渡辺大輔
 [劇団 コーンフレークス] 加藤裕月 岡優美子 手打隆盛 山形啓将 中島章博 木村里見 八木橋里紗 湯元真由 荻田丸美 吉本輝海 平吹正名 逸見宣明 五十嵐雅
 [劇団 DOGADOGA+] 戸田佳世子 浦川奈津子 黒沢美香 Kumico 松本都 草野速仁 橋口裕 奈良坂篤
 [劇団 野良犬弾] 千葉尚之 佐藤良洋 山田百次 和木亜央 神代宏人 森永雅幸 植田靖比呂 戸田悠太 深井邦彦 小島竜太 吉見麻美 藤代麻美 澤木柚季江 増田久美子 三浦麻美 木村真奈美
[DANCER] 青戸郁恵 赤岩和子 岩田香奈子 大畑佳奈恵 岡田早百合 加倉井久里朱 田辺恭子 仲里未央 中田有紀 前田絵美
【日程】 2009年3月25日(水)~31日(火)全11公演
【会場】 前進座劇場(吉祥寺駅公園口徒歩12分)
【料金】 全席指定 S席7,500円(スペシャルトーク+生写真2枚付) A席5,500円
【公式HP】 http://sai316.com/
sakura.jpg
----------------------------------------------------------------------------------------------------
【コメント】
 開演間際に一幕と三幕が入れ替わったり、一幕の主演の2人、齋藤ヤスカくんと林野健志くんの配役が入れ替わったりと、幕が上がるまで何かと大変だったようです。堀江慶さんは「体感季節」の時に、パンフレットに掲載されているストーリーと全然違うストーリーで本番の舞台を上演したという前科がありますから、多分、直前まで脚本を書き換えていたのでしょう。

 さて、テニミュのキャスト人気に頼って、年度末の資金集め公演かと思いきや、各劇団とも意外と真面目に取り組んだ作品でありました。これなら、オムニバスにせず、3劇団、別々に公演しても十分に客が集まったのではないかと思います。

 公式サイトのストーリーが脚本変更により、削除されているので、以下、ストーリーと共に、それぞれの幕ごとに簡単に感想等を書いておきます。
==============================
第一幕「鬼桜」
【作・演出】 堀江慶
【出演】 齋藤ヤスカ 林野健志 綿引大介 こんどうえみこ 劇団CORNFLAKES ほか
【物語】
 兄嫁殺しの嫌疑で死罪にされることとなった足柄(神奈川)の同心のミキスケ(斎藤ヤスカ)は、上役の与力(綿引大介)の計らいにより、罪を赦される代わりに、幕府に対する謀反人、小太郎(林野健志)の首を持って来いと命じられる。
 ミキスケは初め、妻のことよ(加藤裕月)と共に下総(千葉)へ逃げようとするが、結局、同じく罪人の主家殺し(山形啓将)や盗人(岡優美子)、それに同心(手打隆盛)らと共に、小太郎を討つことになる。
 しかし、小太郎は、この世のものではなく、ミキスケの心の奥底に棲む鬼であった・・・。
------------------------------------------------------------
【感想】
 身長193センチの林野健志くんがあまりに大きいので、当初の予定を逆にして、斎藤ヤスカくんがミキスケを、林野健志くんが小太郎を、それぞれ演じることになったということですが、この配役は入れ替えて正解でしょう。
 林野くんの演じる小太郎は、この世のものとは思えない感じで、とても良い。また、番傘を頭にぶつけたり、「ことよ・ジャパン」と叫んだり、お茶目なアドリブも林野くんらしくて面白い。斎藤ヤスカくんが小太郎を演じたら、多分、真面目になり過ぎると思う。
 3幕の中で、芝居としては「鬼桜」が一番面白い。
==============================
第二幕「偽作・桜姫吉祥草紙」
【作・演出】 望月六郎
【出演】 兼崎健太郎 高原知秀 瀬名純 橋爪拓 小島竜太 村田麻衣子 植松愛 桜井ふみ 劇団DOGADOGA+ ほか
【物語】
 チビのバスガイドがバスの運転手(兼崎健太郎)に轢かれて、意識不明の重態となる。彼女は3日3晩、眠り続けている間、同じくバスガイドだった母や運転手だった父、その他、諸々の同僚らが出演する夢を見る。
 その夢には、白雪姫、シンデレラ(灰被り姫)、不思議の国のアリス、ラビット、白馬の王子(兼崎健太郎)、黒タイツの公爵Duke(瀬名純)と男爵Baron(橋爪拓)、悪魔or死神(高原知秀)、気鬱な女王様、色呆け王様らが登場し・・・。
------------------------------------------------------------
【感想】
 兼崎健太郎くんが白いタイツ姿で舞台を走り回ります。一人だと恥ずかしいかも知れませんが、お供の二人、瀬名純くんと橋爪拓くんも黒いタイツ姿ですから、心強いことでしょう。
 本来のおとぎ話は、意外と残酷で、エロっぽいと言うことを思い出させてくれるような、下ネタ満載、最後は、父と娘の近親相姦というハチャメチャな内容です。
 第一幕とは打って変わって、ストーリーの余りの馬鹿馬鹿しさに、呆れ返ってしまいますが、馴れる、結構、楽しめます。
 劇団DOGADOGA+の作品を観るのは初めてですが、いつもこんな調子なのでしょうか。下北沢の小劇場ならいざ知らず、前進座劇場で上演するようなレベルの作品ではないと思いますが、とにかく楽しめます。
 芝居の合間のダンスも、物語の展開との間に違和感や無理がなく、とてもスムーズな感じなのも好感が持てます。
 3幕の中で、エンターテイメントとしては「偽作・桜姫吉祥草紙」が一番楽しい。
==============================
第三幕「SAKURA MEMORY TIPS」
【作・演出】 入江悠
【出演】 渡辺大輔 高原知秀 斉木隆行 藤沢瀬里菜 加藤純奈 石井明日香 生尾佳子 劇団野良犬弾 ほか
【物語】
 卒業以来10年振りに集まった中学の元同級生ら(渡辺大輔、増田久美子、戸田悠太ほか)が懐かしい桜の木の下に集まり、写真を撮ろうとする。
 しかし、そこには既に右翼団体の面々、三代目(千葉尚之)、支部長(吉見麻美)、若頭(高原知秀)らがいて、同じく桜の花の写真を撮ろうとしている。桜の花の写真を巡って、彼らが諍いを始めているところに、この桜の木を切って、付近一帯を開発しようという建設会社の部長(斉木隆行)らが現れる。
 元委員長のサハラ(渡辺大輔)は10年前、桜の木の幹に同級生に当てたラブレターを隠していて、それを守るために、桜の木を切ることに反対する。その心意気に共感して、右翼の面々も桜の木を守ろうと立ち上がり、最後は、建設会社の部長も転向して、桜の木は守られることになるのだが・・・。
------------------------------------------------------------
【感想】
 さすがに、開演から2時間が経過しての3幕目は疲れます。しかも、前2幕とは全く関係のない芝居を一から観る気力は、なかなか沸きません。
 また、桜の木が切られずに済む経緯というのも、ややご都合主義的で、現実離れしているので、ちょっと違和感があります。むしろ、隠して置いたラブレターが取り出されてしまい、春が終わって桜の花が散ったので、最後に桜の木が枯れるか、切られるかして、全3幕、一巻の終わりという大団円でも良かったように思う。どうせ、老い先短い、桜の木なのですから。
 そういう意味で、渡邊大輔くんやが高原知秀さんが頑張っている割には、やや物足りない第三幕でありました。
==============================
スペシャルトークショー
【出演】
 27日(金)夜 齋藤ヤスカ 林野健志 綿引大介 加藤裕月 岡優美子 手打隆盛 山形啓将 村田麻衣子
 28日(土)昼 兼崎健太郎 渡辺大輔 高原知秀 千葉尚之 斉木隆行 吉見麻美 増田久美子
------------------------------------------------------------
【感想】
 毎回公演ごとに、有料(2,000円)のトークショーがあります。劇団CORNFLAKESの面々が登場する27日(金)夜と、劇団野良犬弾の面々が登場する28日(土)昼の2回、行ってきました。
 27日の司会は、齋藤ヤスカくんと林野健志くん28日の司会は兼崎健太郎くんと渡辺大輔くんでありました。

 27日は、司会の二人が割と旨くまとめ、すべての出演者が満遍なく喋ってくれたので、なかなか良かったのですが、28日は、司会の二人ばかりが喋る感じになってしまったのは残念でした。
 兼崎くんが劇団野良犬弾の面々と、ほとんど面識がないので、絡みにくく、話題が振りにくかったのでしょう。渡辺くん一人では、切り盛りしかねたと言うことでしょうか。

 一方、27日のメンバーは、第2幕の劇団DOGADOGA+に出演している村田麻衣子さんも「しあわせになりたい」で手打さんらと共演していますし、司会の二人も含めて、劇団CORNFLAKESの公演参加経験者ばかりだったので、全体に話がまとまったという感じでした。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。