So-net無料ブログ作成

VOXPOP (元DOGGY BAG) 松尾雄一、松尾光次 [J-POP]

 Pool Bit Boys の伊藤欣司の近況を知りたくて、インターネットで検索(いわゆるネット・サーフィン)をしていたら、懐かしい人達の近況に行き当たりました。

 元DOGGY BAGとして活動していた松尾雄一くんと松尾光次くんの二人です。
こちらはKinki Kidsのいわゆる堂本兄弟と違って、本当の兄弟です。確かロシア人のクォーターだったかと思います。

 1999年、韓国で高在根(コゥ・ジェグン)と3人でY2Kとしてデビューし、かなりの人気を得た後、日本では松尾兄弟の二人で2000年にDOGGY BAGとしてデビューしました。20世紀末から21世紀初頭にかけては、それなりの人気を得て、JUNONにもよく載っていましたが、2002年頃を最後に芸能界の表舞台から消えていました。

 その後、細々とライブ活動をしていたのは知っていたのですが、昨年秋から「VOXPOP」という新ユニット名で再スタートを切ったそうです。

 この二人、驚くべきことは、まだ、24歳と22歳という若さであることです。
 10代半ばでデビューして、20歳でピークに達し、忘れ去られていったアイドルという感じで、芸能界の浮き沈みの激しさを如実に示しているようで、恐ろしくさえあります。

 音楽の傾向はポピュラーというよりも、ロックなので、全盛期の頃も、僕自身はあまり馴染めなかったのですが、写真集やカレンダーは持ってました。兄の雄一くんの方が格好良いですね。

 ところで、VOXPOPのサポートドラムとして時々活動している川野直輝くんは、元ジャニーズJr.なんですね。先日、永山たかしくんとともに「ROCK'IN JAM MUSICAL II 」で熱演していて、なかなか可愛い子だなと思いました。

 ちなみに、「ROCK'IN JAM MUSICAL II 」は及川健さんを目当てに観に行ったのですが、ロック・ミュージカルというものを初めて体験してしまいました。
 最前列の席で役者さんたちの顔や表情、動きを間近に見えたのは良かったのですが、ロック演奏時の周りの観衆のノリについて行けなくて、妙に浮いてしまい、正直、困りました。

 こうして見ると、色んなところで、色々と繋がりがあるものですね。

ユニバーサルのDOGGY BAGのページ(近日中に削除?)
http://www.universal-music.co.jp/polydor/artist/doggybag/

VOXPOPの公式ページ
http://www.e-voxpop.com/top/index.htm

松尾 雄一(vocal, guitar)
誕生日 1982/2/22 (24歳) 血液型 B型
身長 173cm

松尾 光次(vocal, bass)
誕生日 1984/5/7 (22歳) 血液型 O型
身長 174cm


タグ:川野直輝
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 3

Win☆You

はじめまして。
松尾雄一さん、松尾光次さんは、
まず韓国で、日韓混成アイドルとして人気を集めた後、
その余勢で、日本国内で「DOGGY BAG」の活動を始め、
一時は日韓をまたにかけて活動していたため、
それこそ日韓間を往復するスケジュールが続き、
韓国の方ではかなり本数のライブをこなしていたようですが、
日本では、ジャニーズ事務所が男性アイドル市場を占領していたためなのか、
韓国ほどの爆発的人気を得られませんでした。

松尾光次さんは、VOXPOPのユニット解消後からでしたか、
「アオイ・コーポレーション」という芸能プロダクションに所属しましたが、
2年ほど前に辞めているそうです。
松尾雄一さん、松尾光次さんは、
現在は、別の音楽ユニット名を名乗って、
今でもライブ主体に音楽活動を続けているそうです。
by Win☆You (2013-09-08 22:17) 

ひかる

松尾兄弟は、現在、SWANKY DANK(スリーピースの東京発オルタナティヴ/エモパンクロックバンド)として、活動しているようです。

http://www.swankydank.com/

by ひかる (2013-09-09 01:22) 

Win☆You

日韓混成グループ「Y2K」は、
昭和50年代前半に絶大な人気を得ていた「ピンク・レディー」を育てた、
相馬一比古さんが立ち上げたものでした。
昨日も書いたように、Y2Kは、韓国では絶大な人気を集めましたが、
日本では、韓国の高在根さんを加えずに、
松尾雄一さんと松尾光次さんの2人による
「DOGGY BAG」として改めてメジャーデビューしました。
相馬さんは、韓国でのY2K人気を背景に、
日本での「DOGGY BAG」の売り込みを図りましたが、
ジャニーズ事務所が、
ジャニーズ以外の芸能プロダクション所属の男性アイドルタレントを兵糧攻めしたと言われる節で、
「DOGGY BAG」は、
ゴールデンタイムの民放テレビの音楽番組の出演オファー獲得に苦戦を強いられたようで、
そのせいか、結果的に日本での人気が伸びず、
いつしか韓国での「Y2K」の活動まで尻すぼみになってしまったようで、
相馬さんも、「松尾兄弟」の日韓間での人気の大きな落差が終始埋められず、
心の中で悔しい思いをしたのでしょうね。


by Win☆You (2013-09-09 23:55) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。